<< テーマは“バレンタイン”。「ルーセントハート」で動画 | main | RMTワイアード タイムセール開催間近 >>

スポンサーサイト

  • 2012.08.07 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


住宅ロー?/em>の変動金利、需要増 マイホーム購入者「景気回復しない」と予測

 ネットエイジア株式会社は、過去15年以内に自分名義で住宅ローンを組んだことのある、全国の20歳以上の男女550名を対象に「住宅ローン選びについての調査」を行い、その結果を17日に発表した。

 調査結果によると「利用している住宅ローンの金利タイプ」は、固定金利タイプが34.2%と最も多く、以下、変動金利タイプが32.4%、固定金利期間選択タ イプが21.3%、固定?変動併用タイプが12.2%と続いた。

 一方、ローンの借り入れ歴で比較すると、1年以内に住宅ローンを借り入れたグループでは、変動金利タイプを選んだ割合が50.7%と比較的高く、10?15年以内のグループでは、固定金利タイプを選んだ割合が42.3%と高かった。最近住宅ローンを借り入れた人ほど、変動金利を選択する傾向が強いことが 分かる。

 なぜ変動金利タイプの住宅ローンが選ばれているのだろうか。まず理由として挙げられるのは、その金利の低さにある。例えば、現在、三井住友銀行で融資期間30年間の住宅ローンを借り入れた場合、変動金利タイプが年1.075%であるのに対し、固定金利タイプは年3.13%と3倍近くになる。

 この条件で、頭金ゼロ?ボーナス払いゼロの住 ファイナルファンタジーXIV RMT 宅ローンを3000万円借り入れ、元利金等返済した場合でシミュレーションすると、月々の返済額は、変動金利タイプは9万7528円、固定金利タイプは12万8594円となり、3万円ほど多くなる。

 また返済総額を比べると、変動金利タイプが3511万198円、固定金利タイプが4629万3613円。固定金利タイプの方が1000万円ほど多く支払うことになる。こうした数字を 見てしまうと、変動金利タイプを選びたくなるのは当然の心理といえる。

 ただ、変動金利タイプの場合、日銀が金利の引き上げを決めれば、住宅ローンの金利も上昇する。もし今後、日本の景気が回復して金利が引き上げられた場合、返済に行き詰ってしまうことも考えられる。この点について、変動金利タイプを選択した人たちは、どのように考えている ラペルズ RMT のだろうか。

 変動金利タイプを選んだ178名に、変動金利タイプを選んだ理由を、複数回答形式で尋ねたところ、62.9%の人が「景気の回復が見込めず、金利が低いままだと思うから」と答えている。金利上昇リスクを理解してはいるものの、その可能性が低いと判断しているのだろう。
 
 住宅ローンの場合、借り換えができるため、金利が上昇 真?女神転生 RMT しそうになった時点で、固定金利タイプに変更することも可能だ。しかし、固定金利タイプの利率は、長期金利と連動している。長期金利は、日銀の利上げを警戒し、早めに上昇する傾向があるため、金利の上昇に気付いた時には、固定金利タイプの利率はすでに大きく上昇している可能性が高い。変動金利タイプを選択した人は、金利の動きに細心の注意を払う必要が Megaten RMT ありそうだ。


(サイトウ イサム 、 加藤 秀行)

【関連記事】
はみ出し銀行マンの投資相談「不動産は買い時ですか? 」
日経平均はなぜ上昇しているのか 日本株が月間で世界No.1の上昇を見せたワケ
これが取締役の年俸の実態だ 国内大手企業60社「お偉いさんの懐事情」
赤字なのになぜ外国人経営者は破格の高額報酬を 受け取れるのか
引用元:nexon ポイント RMT

スポンサーサイト

  • 2012.08.07 Tuesday
  • -
  • 20:38
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM